2003年8月の滑り台記録/岡山市西中山下児童公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 西中山下児童公園は岡山県立美術館の近くにある、割と広々とした公園です。

 ここにタコが居るというのは、
「県立美術館の近くの市営駐車場の前の(たこの滑り台のある公園)」という妙に手掛かりチックな記載から推定したものです。

 左の画像は、もう一つ有った滑り台です。妙に涼しげなデザインです。
 このタコの特徴として、まず元の色が全く判らない程コッテリと塗られた鮮烈な赤の塗装があります。
 多分、頻繁に落書攻撃を受けていて上塗りを重ねたものと想像します。

 また、そのフォルムは全体的にエッジの効いた空力の良さそうなものです。
 吸盤は最初、只単にペンキで塗ってある手抜きバージョンかと思いましたが、良く見るとコンクリの剥げた痕が有り、これも破壊活動にさらされた結果と思われます。

 滑降部では地の白色が顔を覗かせています。
 頭部は成形ムラなのか、段がついたようなところが有り滑らかさに欠けるのが残念です。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO