2003年11月の滑り台記録/碧南市須磨海岸緑地
←前のページ トップページ 次のページ→
 碧南市の西側の工業地帯の海岸沿いに有る須磨海岸緑地は、そのロケーションから誰も利用してなさそうですが、駐車場が有る事から結構家族連れが訪れているようです。

 そして海を見つめるタコ。

 子分タコを従えた親分って感じ。
 後姿はややなで肩ですが、後期型の普通の形です。
 しかし、現在このタコの最大の特徴となってしまっているのが、この刺青風の落書。

 もちろん、落書を肯定する気は無いですが、どうせ書くなら「チ○コ」とか書いてないでこのくらいやって欲しいと。
 左胸のスロープにはイボが付いています。
 そして頭の傾げ方もちょっと特徴的。
 タコの直ぐ後には直線と半螺旋の二本の滑降部を持つコンビ遊具が有ります。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO