2003年12月の滑り台記録/習志野市若松公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 京成実籾駅から北に徒歩10分。若松公園の石の山は少し草臥れた様子で私を迎えてくれました。

 なお、この石の山の場所を特定するのはかなり大変でした。
 これまで何度か参考にした習志野と八千代の公園情報で”普通ではない”滑り台が有る公園を全てピックアップし、航空写真でそれらしいモノが無いか調べたのですが、自信が全く持てないレベルでした。
 後部にはカスガイも何も無く、登り口である事を示すくぼみも全く見られません。

 にも関わらず塗装がはげているのは、縁に手をかけて強引に登っているのか、はたまた上から滑落しているのか。

 なお、この石の山は本来白い山だったようで、タコの山以前の古いタイプのモノと想定しています。
 ボディに開いた穴の様子。
 構造が良く判ります。

 じゃなくって、補修して下さい。
 これまで何度か紹介した宇宙遊具。
 連結はしていません。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO