2004年5月の滑り台記録/帯広市公園東第二児童公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 公園の名称に入っている”公園東”の”公園”は帯広市の中心に有る緑ヶ丘公園という広大な公園の事です。

 こちらの公園はどちらかというと小さい公園ですが、その中央に拡張型のタコが君臨していました。

 帽子の無い拡張型のタコは前後への伸張が主な要素ですが、このタコは特に前に伸びているように見えます。
 このタコは、事前に帯広市にタコについて問い合わせをしたところ、大空町以外にもタコが有ります、と教えていただいた物件です。

 同じ市内とはいえ、直線距離で約5kmも離れているので、両方知っている人はごく少数と思われます。
 このタイプの帽子の無い拡張型を、拡張型前期と仮定していますが、これまでの所、意匠が安定しているという特色が有ります。
 では、個性が無いかというとそんなことは無くて、このタコでは頭の潰れ具合が激しく、うなじの穴が巨大な事などが目に付きます。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO