2004年8月の滑り台記録/狭山市中原公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 狭山市の西武新宿線新狭山駅近くにある中原公園は、周辺が区画整理された時に造営されたと思われ、だいたい3・40年くらい経過していると想像します。

 この滑り台は多分、割と最近に設置されたもの。本体は日都産業製ですが、滑降部下のシートは大永ドリーム製です。
 この入り口の壁は、公園設置当初から有るのでは、と想像してます。
 抜け穴とカスガイが有りますが、バリアフリーの欠片も無い、と言ってしまうと身も蓋も無いですね。
 もちろん、他の入り口は大丈夫です。
 この公園にも昔はコンクリ製の滑り台が有ったのでしょうか?
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO