2004年7月の滑り台記録/深江町諏訪神社前の公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 島原から口之津へ向かう途中の深江町の国道沿いに、公園が有ったので寄ってみました。
 富士山型の滑り台が二基並んでいますが、手前側のモノは、デッキが段違いになっていて、滑降部の長さが少しだけ違ってます。

 なお、この公園の固有名称は見当たりませんでした。
 こちらは、裾野が広い感じですが、普通の富士山型です。
 向かい合った滑降部で1つの砂場を共有しています。

 滑降部については、後から交換したのかも知れませんが、製造年代の割りにとてもキレイな滑り台たちです。
 これだけの段差だと、滑降部の長さの差を演出するというより、デッキの形状を複雑化するという意図が有るものと想像します。

 こんなシンプルな箱ブランコも有りました。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO