2005年7月の滑り台記録/新潟市早通南団地内の公園その2
←前のページ トップページ 次のページ→
 この緑色の物体。
 一体何を模しているのか、という疑問もさることながら、何を意図して造られたのか・・・

 謎度はかなり高めな物件です。
 構造を説明するのも、けっこう大変なのですが。こちらを正面として、右側から階段が最上部まで登っています。
 最上部にはポールのようなモノが立っていますが、左側に見えるスロープには直接アクセス出来ません。
 スロープに巻かれた部分は明かり取り多数の小部屋になっています。小部屋の入り口は前後2ヶ所です。
 最上部から上画面のスロープ側を見ると、スロープの起点には枠を超えて行かなければならないのが判ります。
 最上部からは、ポールを巻いて胴体を貫通し後部に抜ける一回転螺旋状のスロープが出発しています。
 螺旋状のスロープが胴体後部に到着しているのが、画像の左側のトンネル。
 奥の方にトンネルの斜め上から進入できる穴が見えます。
 画像右側の穴は、小部屋への入り口です。
 螺旋状スロープへの進入口は、こんな感じ。
 粘土をこねていたら、偶然開いてしまった穴、という塩梅。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO