2005年8月の滑り台記録/若松第二公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 この周辺にタコが居るかも、ということで公園を巡った中で見つけた象型の滑り台です。

 やや雨模様だったので滑降面が濡れて光っています。
 材質は人研コンクリです。
 象型の滑り台にありがちな鼻を滑降部にしたタイプでは無く、象は只の土台として使われています。

 というか、およそ土台が象で有る必要を感じません。
 象の造形はリアルタイプで、この遊具自体が誰かの夢の中の産物、それも悪夢系、という印象を受けます。
 一体誰がこの構成を考えたんでしょう・・・
 なお、鼻が掴んでいるバーには何かが下がっていた形跡が有ります。ここにもしブランコが下がっていたとすると、漕ぎすぎて象に激突する子供が多発した事でしょう。
 象の右側には丸太ブロック風の階段が付いてます。
 また、後部にはチェーンが張られ登る事が出来ます。
 象の右側に単式の滑り台も有りました。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO