2003年8月の滑り台記録/上入公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 京成線青砥駅から中川を渡り、環七を南下すると通りの奥に上入公園のタコが待っていました。

 このタコは頭部に肥大化の徴候が見られ、標準型としては後期のものかも知れません。
 と、この時は思ったのですが、タコスキルが上がった現在では、初期型のまだ意匠に揺れが有った時期のものであると考えています。
 右手の平が、トンネルというより橋に近い形状なのは、足立区の新西新井公園のタコなどと近縁であると思われます。

 しかし、えらくきたないタコです。

 同じ落書をするにしてももう少しなんとかならないんでしょうか。
 うなじの穴は、ちょっと曲がった感じです。
 頭の形状が左に偏っているので、こうなっているのかも知れません。
 右脇のスロープは前方に収束してます。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO