2004年8月の滑り台記録/串木野市羽島の公園
←前のページ トップページ 次のページ→
 川内市から海沿いに南下し、串木野市に入った羽島という地区で、あやしげな建物(これはお寺だった)を見るために路地に入ったら、遭遇した公園です。
 ゾウの形の滑り台というのは、その長い鼻の形状から造りやすいのか、多くのバリエーションとともに、かなり出現頻度が高いのですが、これは初見の大型コンクリ製の滑り台です。
 緩く湾曲した長〜い鼻の滑降部です。

 登り方は、後部から梯子を登るか、胴体両側のチェーンと丸石を埋め込んだ手掛かり(足掛かり)でロッククライミングするか、ですが、丸石はかなり欠落してしまっているので、登り辛そうです。
 ゾウの横には、円筒形のジャングルジムと登り棒のコンビ遊具が有りました。

 なお、この公園の名前は、ちょっと探した限りでは見つかりませんでした。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO